忍者ブログ
サイト名は変わりました。ブログ名はそのままです。URLは変えられませんから…

さて、中途半端に壊れたMP950の代わりなのですが、
家族で話し合った結果、市内に2件ほどある家電量販店に行って
どちらかで買ってこようという話になりました。

ボーナスシーズン&年賀状特需でプリンタコーナーは大盛況、
どちらの店も専属のヘルパーを配備する力の入れようです。
さて、キヤノンか、エプソンか、それともブラザーにしようか…
しばらく見ない間に複合機もずいぶん小さくなったものです。
ほとんどのモデルで無線LANが搭載されいるとかもう完全に浦島太郎状態。
さすがに有線LANが搭載されている機種は見かけませんでしたが、まあ、きっとコスト的な問題なのでしょうね。
ふむふむ、キヤノンの新モデルは背面給紙が復活と。復活?


結構な支出だろうなと覚悟してプライスタグをチェック。
インクタンクが巨大なモデル、A3をサポートするような特殊なモデルはそれなりのお値段ですが、
なんというか、A4の一般的な現行モデルの上位機種が45万円。
アッパーミドル的なモデルが2~3万円。
ローエンドだともう1万円ちょっと。これは意外。時期が時期だけにもっと高価だと思っていました。

で、

結論から申しますと、
キヤノンのMG6930という型式のプリンタを購入いたしました。
2015年のモデルで、型落ちのため投売り状態。
「写真を印刷することはほとんど無いのでこれで良いや。安いし。」
背面給紙ができないモデルですが、設置位置を考えると別に無くても困りません。

うーん、MP95010年以上使いましたが、MG6930は数年しか持たない予感…
まあ、使い捨てと割り切って、壊れたらまた買えばいいか。

PR

この時期、年賀状の作成を行うのですが、
愛用のプリンタ、キヤノンMP950にて宛名をテスト印刷すると、
薄墨のような灰色…いや、薄い紫のような色で印刷されました。

ああ、ヘッドが汚れているのかと思い、パソコン上からヘッドクリーニングを実行。

ノズルチェックをしてみると、

うん、黒がまったく印刷されていません。
このプリンタ、テキスト印刷用の黒とカラー印刷用の黒が分かれているモデルで、
テキスト印刷用はばっちり絶好調なのに、カラー印刷用のそれは、
かすれているを通り越して、真っ白。

古い機種なので、ヘッドのみの交換は絶望的…
というか、仮に修理できてもいろいろと間に合いません。
仕方ないので、ネットの情報を頼りにいろいろと試してみた後に、
再装着してノズルチェック。

うん、やっぱり黒だけ印刷されていません。
ここまでくると、症状的にノズルが目詰まり云々という感じではなさそうです。
ヘッド自体が故障している
ヘッドまでの電線がどこかで断線している
等を考えたほうが可能性は高そうです。

複合機は便利なので、買い替えも考えていますが、
替えのインクがまだそれなりに残っているのですよね…。
おまけに1年でプリンタが一番高価な時期という。

とりあえず、裏面は印刷済みなので宛名は手書きで…という方向で検討中。
さて、どうしたものか。

某日、わが愛車、家族サービス号にて家族と遊びに行く途中。
ガソリンスタンドで給油後にふとタイヤを見ると、ずいぶん潰れているような気がします。

そういえばこの車になってからタイヤの空気圧を一度も確認してなかったな。と。
軽い気持ちで店員に空気圧のチェックをお願いしたところ。

240kPa
が適正空気圧なのに、140kPaしか入っていないというね…。
しかも四輪全部。

燃費が落ちるとかそういう問題じゃない。よくバーストしなかったなあと。
日ごろの点検を怠るとろくなことはありませんな。

しかし、半年前にディーラーで6ヶ月点検しているのですが…、
そんなに空気圧ってすぐ下がるものなんですかね?
まあ、半年間何もしなかったことは事実。
目視で少しでもおかしいと思ったら、確認する癖をつけたほうがいいでしょうね。

9月ごろから抱えていた問題が、12月いっぱいでひとつ片付きます。
この答えで良かったかどうかは、すべて自分次第。
思えば数ヶ月、ずいぶんと嫌な思いをしてきましたが、もう過ぎたこと。

それはさておき。

知り合いがゲームマシンを組んだということで、
相談に乗ったり最初の起動を確認したりしたところ、
もう使わないという部品をもらってきました。

H81PM-33
Core i5 4460
Geforece 750Ti
メモリ4GB x2



要らないのか、これが要らないのか?
7年前のマシンを後生大事に使っている私がすごい馬鹿に見える瞬間です。
マザーボードは付属品が丸ごとありませんが別にたいした問題ではありません。
ちゃんと組み立てなおせば我が家で最速のマシンになる予感。
ビデオカードの性能上3D性能だけは何とか勝てそうですが、最近ゲームしていないし…

ただ、これSATA端子は4つだし、ビデオカード刺したら残りはPCIe x1スロット一個だけなので
実際組むとなると、断舎利とやらができない私にとっては難しいですね…
マザーボードを交換するのもなんだか本末転倒といった感じですし。

なんとかしようと思って結局ほったらかしになる予感しかしません。

いよいよ私の直近が「社会性フィルタ」を通しブログに書ける言葉に変換すると、

「にゃーん」

としか言えなくなる状態になったため、更新はしばらくお休みします。

東京都知事の選挙速報を全国ネットで放送されても困ります。
国会や地元の選挙ならそれなりに見る意義も価値もありますが、
選挙権がなく傍観者に過ぎない我々にいったいどうしろと。

え、首都だから?国政にも絡む?
知りません。

それはともかく。
今年もきゅうりの苗を4本程度植えたのですが、
8月を前にしてすべてかれてしまいました。

去年は9月ごろまでがんばってくれた記憶があるのですが…
本数も少なく合計で2~30本取れた程度かと。
苗?連作障害?目の前にエアコン室外機があるがそのせい?

隣のナス、トマト、ピーマンはまだまだいけそうですが。
オフシーズンに何かしないといけない予感、何をするかはまあ、そのとき考えます。

光陰矢のごとしとはよく言ったもので、前回の更新から1ヶ月半以上たとうとしてます。
前回ネタにしたスピーカーはもう手元にあるのですが…
まだまだ煮詰まっていない癖に文章だけ長くなりそうなので、別の話題を。

最近、カメラのレンズがまた欲しくなりました。いや、何が欲しいといわれればボディも欲しいしそれこそ収拾がつかなくなるのですが、差し迫って欲しいという意味で。

いわゆる世間で高倍率ズームという奴ですね。

以前のようにレンズを何本も背負って歩くわけにもいかず、さらにレンズ交換している間にシャッターチャンスを逃す、なんてことが多くなりましたので、最新の高倍率ズームが欲しくなったというわけです。

とりあえず、
タムロン 16-300mm F/3.5-6.3 Di Ⅱ VC PZD MACRO
もしくは
SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM
を候補に、

それなりに写って安いほう

を買おうかなと思います。
純正?
10万も出すのなら、ほかのレンズが欲しいですね….。

某店に予約していたスピーカーを聴きにいきました。
ある程度カスタマイズしてくれるというので、念のため、アンプを持って(Marantz CR-610)の来店です。

しかし口約束なので
「発注を忘れられていたらどうしよう…」とも思っていたわけです。
で、来店したところ、店長の奥様が店番。

私「例のスピーカーを試聴しにきたのですが」
奥様「6月ごろ1ペア納品予定があるとは聞いていますよ。(店長に)連絡しましょうね」

というわけで無事試聴できました。


1月に試聴したスピーカー。
3月中旬に再度試聴して予約した際のスピーカー。
今回試聴したスピーカー。

形は一緒なのですが、
ユニットが変わっています。
聞けば、内部にも相当手を加えて、大幅な音質アップを実現したとのこと。

まずは持参したアンプを使って試聴。
3月ごろ試聴した個体と比較して、高域の解像度が劇的に上昇しました。
単にハイ上がりになったわけでは…たぶんないと思います。
吹奏楽のライブ録音、鬼太鼓座、あとは打ち込み主体のポップス。
さすがに8cmユニット一発なので躍動感あふれる低域というわけにはいきませんが、
なんというか、その…「いかにもオーディオしているぞと思わせる高密度な音」とは対極にある、といったらいいのか、少なくともオーディオショップの既製品ではそうそうない音楽の表現。

あの世界を文字に表現するのは非常に難しい。

ところで、CR-610なのですが、店長いわく
「このアンプは低域を盛ってる感じがするけど、いまの流行なのかな?
どこかで聞いたことあるコメントかと思ったら、2009年に私がプリメインアンプを選んだときに同社製のアンプで自分が放ったコメントでした。

なるほど。Maarantzは低域を盛る…というか緩める音作りをよしとしているわけですね。
店長は微妙に気にいらない様子で、備え付けのアンプに接続して試聴することを勧めてきました。

そして満を持してとばかりに店長、
「西園君の品物は実は完成していてね。いよいよこれを聴いてもらいたい」
先ほどまでのデモ機とつなぎ変えて再度試聴です。
ケーブルは…やはりというかなんというか直だしで、しかも細い。
「パワーを入れないのなら細いほうが音が良い」とは店長の談。
随所にこだわりが感じられる一品です。

?

カンカン鳴ってあまりよろしくない感じが…

「使用時、音量を相当絞るという話をきいたから、小音量で真価を発揮する様にしたんだ」

確かに、音量を絞るとデモ機では埋もれてしまっていた音がスッと出てきます。
この自然な感じは市販品ではなかなか味わえません。大切なことなので2度言いました。

さて。実はここまで書いてまだ手元にはありません。
実際の受け取りは個人的な都合により6月下旬を予定しております。
その間もう少し調整してくれるそうなので、いまから楽しみです。

なぜいま引き取らなかったのかって?…だって、まだお金を用意してないから…

世間で言うところのGWも今日で終わり。
それにしても何処にも行かず、ひたすら家にいた記憶しかありません。
まあ、無理して外出して疲れるよりは…と。

とりあえずグリーンピースが良い感じらしいので、



収穫を手伝いました。



嫁さんがさやの状態を確認しながら収穫。とりあえずこれだけとれました。
尚、収穫したグリーンピースは豆ご飯にしてその日のうちにいただきました。

あとは、4月下旬に植えたトマトとキュウリ、ピーマンの苗がうまく育てば良いのですがね。
ここ最近はこんな感じで今まで微塵も興味が無かった園芸を手伝っています。
うーん、まあ、家族サービスといえないことも無い…かな。
昨日あった出来事なのですが。
夜…19時から20時くらいですかね。
入浴中、近所の家から音楽が聞こえてくるのですよ。
結構な音量で再生しているらしく、ベースラインが自宅の風呂場にまで聞こえてきます。
そのこと自体はまったく気になりませんでした。私も音楽好きですから。

しかし、ただ1点非常に不快に感じるところがですね。

その、明らかにクリップした歪んだ低音。

安価なサブウーファーを大音量で鳴らしたような歪んだ信号、
クリップしてバタついているウーファー。
出すべき音ではなく、その倍音が盛大に出ている感じ。

いったいどんなシステムを組んでいるのかはわかりませんが。低音が好きならもう少し質の高いサブウーファーを使ってほしい…そう思いました。
どうせ出すなら建物が振動するくらい伸びやかな低音を出していただきたい。

などとまったく見当はずれなことを思いながら、私は風呂から出たのでありました。

***

え?その家に直接言わないのか、ですか? 
こんなこと言うほうがよっぽど頭おかしいということぐらい、判ってますよ?
そもそも前述のとおり「大音量で音楽を聴く」という行為自体はまったく気にしてませんからね?
プロフィール
HN:
西園 俊昭
HP:
性別:
非公開
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19
21 22 23 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[07/03 お倉]
[03/21 かじー]
[02/02 らんちゃ]
[02/02 らんちゃ]
[10/20 お倉]
最新トラックバック
Twitter
ブロろ~ぐ
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

Copyright © [ 荒研ブログ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]