忍者ブログ
サイト名は変わりました。ブログ名はそのままです。URLは変えられませんから…

その、2次会なんですが…
場所、プロジェクターに映されても分かりませんから!
チラシを配るぐらいの気配りがほしかったですよ!

まあ、分かる人に付いていけばいいか。
意外と時間があったので、まずは押さえてもらった宿に。
次に帰る時間は25時以降になるのは目に見えているので
あらかじめチェックイン。

さて、現地に到着。
…ああ、ここかぁ。学生時代、駅からPCショップに行くコース上にあるから
存在だけは知っていたのですが。
中に入るのは初めてです。

20080530_01.JPG

さ、皆さん。いよいよ主賓の登場ですよ。
生意気にも赤いオープンカーでの登場ですよ。
ライスシャワーならぬフラワーシャワーでお迎え下さい。
2次会からの参加者もちらほらと。
それでは、あらためまして

「乾杯」

食べ物系はもっと出てくるのかと思いましたが、そうではないようで。
今回は立食形式の模様。
元がバーなので、お酒をメインにおつまみを少々、
といった感じです。

20080530_02.JPG

飲む飲む!と2次会開始前から騒いでいたTKですが、あれ、何処行った。
ありゃ、パソコン広げてもう写真の整理やってるし。
本当に飲んでいるのかね。

そして私はというと、
コンパクトカメラで、ここぞとばかりに撮りまくる。
披露宴でバッテリーを一本使い果たしてしまったので、
宿で2本目に交換。このカメラ、ルックスもまあまあだし、
液晶は綺麗だしでそこそこ使えるのですが、いかんせん電池の持ちが悪い。
TKのデジタル一眼レフがピンピンしているというのに
どうして私は早々にリロードなのか。松下には早急に改善をしていただきたい。
すでに型遅れ品なので、次の製品当たりで是非。
…話がそれました。

新郎Sの同期だという人と意気投合し、
延々としゃべりまくる。何を話していたかは…もう忘れちゃったけど。
そう言えば、名前も聞いてなかったな。
惜しいことをした。

さて、2時間というのは瞬く間に過ぎ去り、
我々は3次会へと場所を移します。
ここまでくると「明日、仕事…」という理由で帰ってしまう人がそれなりに。
休みを取れない職場、というのは確実に存在するわけで。
残念だが、仕方ないよね。

タクシーで約3分といった所でしょうか。
2次会会場と同系列店らしく、雰囲気が似ています
またまたここで皆さん飲む飲む。
すでに3次会ということもあり、派手な動きはなく
皆のんびりとお酒を飲んでいるようです。
だが、TKの様子が変だ…

椅子にうつむくように座り…
ああ、いかん!ソファーに寝るんじゃない!

もはや結婚式というよりタダの飲み会。
まあ、3次会だしね。それがいいんですが。
翌日TKが「昨日はすまんかった」と謝ったのは言うまでもありません。

ホテルのベッドで、その日一日を回顧する。

笑いあり、感動あり、大騒ぎありと実に密度の濃い一日でした。
新郎Sの友人で良かったなあと、心から思いました。
もし…もし私が結婚するとしたら。
こんな結婚式を挙げてみたい。素敵ではないですか。
成功の秘訣は…金も重要だが、持つべきモノはやはり良い友人。

ああ、先に結婚してくれる相手を見つけないと…

PR

さあ、ついに新郎新婦の登場ですよ
一斉にカメラのフラッシュがたかれる。
人だかりができて、しかも全員カメラ持ちという異様な雰囲気。
「新郎新婦の姿をどうぞかめらに納めて下さい」
などと司会が言おうモノなら、最低1分は同じ体勢を維持しなければならない。
何だかなぁ。まあ私もカメラ持ってその場にいたわけですが。

そして、この日、この時のためのオリジナルカクテル。
ええと、何という名前だったかな。忘れてしまった。
カクテルにスパークリングワインで軽く味付け。
それでは、新郎Sの音頭で

「乾杯」

おめでとう、本当におめでとう。

そしてご歓談タイムの後、新郎新婦の衣装替え。
結婚式自体は和装で行っていたので、披露宴も最初は和装。
で、ここでぐっと趣向を変えて、白いスーツにドレス。
うん、美しい。
やはり場所が場所なだけにこちらの衣装の方が見栄えがいいですね。
で、だ。
せっかくのシャッターチャンスなのに、
カメラ回してるTKが近い、近いよ。超近い。
具体的に言うと15センチぐらいまで超接近。
おまけに真正面に陣取るモノだから素人カメラ組はアングルを全部潰される形となり、
写真を撮ることすらままならなかった訳でして。畜生。
おかげでスクリーンにはアップの新郎新婦が映っていい鞍馬だったらしいのですが…
まあ、一眼レフ組はそれでもいい構図をモノにしたらしいので、彼らの写真をもらえばいいか。

そして、ケーキカット。
お互いにケーキを食べさせ合うとか、やっている本人は赤面モノだけれど、
取り巻きにしてみればコレはもう絶対に外せないイベントの上、
絶好のシャッターチャンス。
新郎S→相方 の撮影はうまくいったものの、
その逆については、逆光に邪魔されて人物が暗くなってしまって大失敗。
うーむ。

そして余興…新婦の方は無難にブーケプルズでしたが、
新郎の方はちょっと風変わりな「お酒プルズ」
ブーケの代わりに、素敵なカクテルを目指して男共がひもを引っ張り当たりを目指す、新郎Sが発案したという新趣向。
酒好きな新郎Sらしい企画です。
まあ、この企画を形にするまでは、相当紆余曲折あったようで、TKともかなり派手な意見の応酬があったと聞いています。
私は…残念ながら予選敗退。残念無念。

新郎新婦の足跡を辿るスライドショー、そしていよいよクライマックス。
感極まって何処までしゃべったか分からなくなった新郎の親御さん。
だんだん涙声になっていく新婦。
ああ、私は今正に人生の節目に立ち会っているんだ…
そう思いました。

さて、これから2次会ですよ!

続く

友人Sの結婚式に行ってきました。
そもそもの事の起こりは、3月にかかってきた一本の電話でした。
「俺、結婚することにしたんだ」
このセリフは今でもはっきり覚えています。
それにしても、「うーん、仕事の都合があるからなぁ」といってしまった自分は当時何を考えていたのか。
すぐに上司に掛け合って2日の休みをもらったことは言うまでもありませんが、そのタイミングでその返事は無いだろう、常識的に考えて。

そして数日後、とどいた往復はがきに大喜びで参加する旨を書き、ポストに投函。
当日が楽しみだと、指折り数えて待っていました。

そして当日。
着くのが早すぎた…
14時30分受付開始だというのに、張り切りすぎて、着いたのは13時前。
一体どうやって時間を潰せと。
とりあえずクロークに荷物を預けてスタンバイ。

待つこと1時間半。

あれ、U、受付で何やっているんだよ。コレだから学友上がりは。
全く素晴らしい。こういう連帯は美しいと感じます。ハイ。
それにしても、フロアが非常に特徴的だ。
横に広くて逆凹字型になっている。片翼が親族一同で、もう片方が友人か。
マナーがどうだと最初心配していたが、この方法だとマナーもへったくれもありません。
友人Sの小粋な配慮が光る素晴らしい席順です。
学友連中が多い中、Uとやや近い位置。別の友人HとSiがそれなりに付き合いがあることもあり、しゃべれるので助かります。

それにしても、どうしても機材に目がいってしまう。

20080528_03.JPG

こういうモノを見に来た訳じゃないのですが…
今回、結婚式の演出はSと長い付き合いの友人TKが担当。
イベント屋に勤めている彼の腕は確かで
ミキサー、パワーアンプ、EVのスピーカーはホテルから。

20080528_04.JPG

TK自慢の短焦点プロジェクターは大阪からはるばるやってきた新兵器。

20080528_05.JPG

後で聞いた話によると、本体の輝度が低いにも関わらず、
逆光が強烈な環境で使用するのでちゃんとした絵が出るか微妙だったそうですが、
それは何とか乗り切って、今回の結婚式に花を添える形となりました。

続く

HOME
プロフィール
HN:
西園 俊昭
HP:
性別:
非公開
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[07/03 お倉]
[03/21 かじー]
[02/02 らんちゃ]
[02/02 らんちゃ]
[10/20 お倉]
最新トラックバック
Twitter
ブロろ~ぐ
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

Copyright © [ 荒研ブログ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]