忍者ブログ
サイト名は変わりました。ブログ名はそのままです。URLは変えられませんから…
トマトときゅうりとピーマン。
今年植えた(植えてもらった)苗なのですが、どれも結構高く伸びる野菜です。
特にトマトは苗のときに入れた支柱よりもずいぶんと大きくなっており、
「くたっと」倒れている始末。
これではいけない。速やかに新しい支柱を立てないと。
しかし、グリーンピースはまだ終わってないので長い支柱の数が足らない。
1.5m程度の支柱なら結構手持ちがあるけどちょっと低いか。
雨ざらしだったのでビニールの皮が剥がれている支柱もあるし。
まさか支柱の手配から始める羽目になるとは…
直後、ダイソーに駆け込み園芸用の2m支柱を20本購入したのは言うまでもありません。

きゅうりは苗ごとに支柱を立て、ネットをかぶせます。

トマトはすでに脇芽が生長して二股になってしまった個体があるので、それについては2本支柱をたて、その他の個体についてはきゅうりと同じ、1本ずつ。
ん、脇芽を剪定していた嫁さんが何かごそごそしている…
曰く「取った脇芽を植えると接ぎ木のように根が生えて根付くらしい。外出先でいろんな人に言われたし、実際に見た」
育つかどうか分からないそれには、3本の苗に1本だけ支柱を立てました。

最後にピーマン。特筆すべきことも無く1本ずつ支柱を立てます。
ピーマンは育てやすくていいのですが、どうにも小さな実しかなりません。
スーパーで売っている大きさまで育てるにはどうしたらいいのか…
実が小さいうちに間引くだけで出来そうですが、そこまで手をかけないのが我が家クオリティ。家庭菜園ごっこと自虐する所以。

さて、今年はどれくらいとれるかな。
PR
ちょっと前にいろいろあってHUAWEI P10 liteを導入したのですが、
年末に早速落としてしまいこの有様。



メーカーに修理をお願いするとだいたい14,000円程度の模様。
購入金額の半分か…
そもそもMVNOなので予備機がない現状では結局無理だよね…
しかし買い換えるにしても負けた気分。

そこで社外中華部品の出番ですよ。
アマゾンで検索すればそれらしいモノが次々ヒット。
直れば儲けもの、直らなかったらカミさんに指さされて笑われるだけ。
送料無料なのに中華直送でやってきたそれを使いいよいよ修理開始。
解体の方法はyoutubeの動画だけがたより。



いきなり最初の段階で裏蓋が外れず悪戦苦闘。
結局細いドライバでヘリをがりがりあてがって無理矢理はがしました。
今思うと暖めが不足していたようです。P10 liteの裏蓋は金属製なので、
少々大胆に暖めても問題ないとおもいます。
ガス式半田ごてのホットブローチップではなくて、ヒートガンならまた変わっていたかもしれませんが。



今回一番苦労したのがバッテリの取り外しです。
あらかじめこうなることがわかっていれば併せて社外製バッテリも買ったのに。
準備不足が悔やまれます。
シャーシに両面テープ…というかもはや接着という強度で貼り付けてあるので、
パックに傷をつけて爆発、という事態を覚悟の上でメリメリはがしました。
業を煮やしてカッターで…とかやってしまうと最悪。バッテリはもとより下を走っている通話ユニットとマザーボードの連絡線を切ってしまいかねません。
なおyoutubeの動画ではもっと大胆…というか大雑把にはがしており、案外大丈夫なのかもしれません

というわけでP10 liteの液晶ユニットの換装を考えている人が他にもいらしたら、
バッテリも交換することをお勧めいたします。だいたい2,000円程度で買えるので…



液晶も取り除いて三枚おろし状態。
四隅に傷をつけてしまいましたが、まあ仕方ない。
ココまでばらして思うのですが、スマホは両面テープで世渡りしているのですね。
粉々に砕けた液晶のガラス部分を取り除くのに一苦労。
そしてシャーシの加工は大雑把。仕方ないよね。格安スマホだし。



純正品(向かって右)と今回の交換部品。4,200円。
見た目こそそっくりですが、なんというか、フレキシブルケーブルに実装してある部品が全然違うよ…そのくせちゃんとメーカーロゴを再現してあるという…



組戻して復活。
現在も快調に動作しております。
部品の持ちは未知数ですが、元が格安スマホなので、特に気にしていません。
とりあえず難しいのは最初の1発目、裏蓋剥がし。それからバッテリーの取り外し。
ココを乗り切れば簡単です。あとは部品の紛失に注意、くらいでしょうか。
ビスは今回分解した範囲ではどれも長さが同じなので、長さが異なるビスを間違ったところに締め込んでマザーボードを傷つける…ということはなさそうです。

こういう修理は初めてですが、結構楽しいモノですね。。
自らトドメを刺すリスクが非常に高いですが…うまくいったら儲けもの。
iPhoneクラスの高級機は…業者に任せましょう。
気がつくともう年末です。
今年は

・勤め先が変わった
・家族が増えた

と、わずか2行ですが今後の人生すら大きく左右する事象が発生し
冒頭のとおり気がつくともう年末。
細かいことはもうどうでもいいや…とすら思えます。
で、どうでもいい細かいことは

・真空管アンプ導入、蛸壺スピーカーを使ったサブシステムが一応の完成をみる
・もらったパーツでメインPC更新、ついでにHDDも更新。
・カメラがD300sからD500にアップグレード
・コードレス掃除機、布団乾燥機、空気清浄機にマッサージ機導入と白物家電大増殖
・スマホデビュー(ただしMVNO)
・帯状疱疹で家族から隔離

こんな感じですね。
…全体的に下期に起こったことばかりなのでいろいろと忘れてしまっている模様。
まあ、細かいことだしね。

とりあえず、来年の目標は

①試験に受かる。
②今の勤め先の次半期の契約を勝ち取る。クビになりたくない。
③このブログを更新する。定期的に。

でしょうかね。
それでは皆さん、良いお年を。
1ヶ月以上経ちますが、アプリを入れなければただの板。
ゲームはハナからやる気はないし、
facebookやTwitterといったSNSアプリは…ちょっとこの端末で使用したくありません。

なにがスマートなのやら。

そんなわけで、単に電池の持ちが悪い携帯電話という、
ガラケーよりも確実に始末に困る物体と化しています。
仕方ないよね、月1700円だから…
何となくちくちくするなと思っていたら痛くなりました。
かぶれたかと思い、ステロイドを塗っても効果はありませんでした。
虫に刺されたと思い、毛虫に刺された時の薬を塗っても効果はありませんでした。
仰向けになるのも苦しい状態となり、いよいよ我慢の限界で病院に行くと
帯状疱疹だそうで。

飲み薬までもらいましたが、すぐに効くわけも無く、相変わらず痛いまま…
向こう1週間は我慢しないと。
Facebookで、「友達を探す」項目について。
システムが「これ、お前と友達では無いのか?」と拾ってくるモノというのは
今更言うまでも無いことですが。

どういうわけか、なぜこの人を紹介した、というような外国人が大量にヒットします。

で、最近空いた時間にしていること
その人のページにジャンプして、
機械翻訳をかけ、エントリを読んで、リストから削除という作業を繰り返しています。
写真しかない、友達もいないというBOTが多数ですが、
ちゃんと中に人がいるまっとうな(と思われる)アカウントもそれなりに。
いずれにしても、公開しているエントリは片手で数えて余る程度なので、
残念、読み応えは無いのです。

セキュリティ的には見ず知らずのページに飛ぶわけですから、
ウイルスやワームにとりつかれるリスクがあるため恐ろしいのですが…
空いた時間にタブレットをいじるにはぴったりで。

気軽に見に行けないSNS、それがFacebook。
でも逆に、「アカウント教えて」といわれると絶対に教えないSNS、それがFacebook。
正面切って、「それで何やってるの?」ときかれると、特に答えられない。それがFacebook。
私だけかもしれませんが。
ダイソンって、営業の仕方がappleと似てません?
私は何となくそんな気がします。
既存の技術を応用して
「我が社オリジナルの新技術です!(世界初とは言っていない)」
メディアを駆使してイメージ戦略。
お高くとまった価格はかえってプレミアム感を演出させる…
定期的に後方互換性を切り捨てる。(V8はV6以前とアタッチメントの口金が違う)
新製品が出るたびに購入し、結果不必要なまでの台数を所持している人がいる。
等々。
まあそんなことはどうでもいいのですが。

今をさかのぼること半年前、4月。
いろいろあってハンディ型の掃除機が欲しくなりました。
で、検討の結果、
ダイソン V6 Trigger をお買い上げ。
コードレスでハンディ型、使ってみるとこれは便利。さっと出してさっと片付け。

こうなると人間、欲を出す生き物。
日常の清掃もコードレスクリーナーでいきたい…
検討の結果、9月末に
ダイソン V8 Fluffy を追加購入。
店頭には上位機種「Fluffy+」「Absolute」の2機種もありましたが、
嫁さんの「そんなにアタッチメントいらない」という鶴の一声で本モデルの購入決定。
付属する壁掛け用のマウントを取り付け運用開始。
おお、これは便利。やはり電源コードから開放されたのは大きいですね。
ソフトローラーはハンディ式のヘッドと違って大きなゴミも吸ってくれる印象。
気になるのは電池の持ちですが、
タイソン曰く
「V8なら最長で40分弱は持つ。お前ら1時間も2時間も掃除しないだろ?」
はい、ごもっともですね。でも強で使ったら7分弱で燃え落ちるのはちょっと…

そして余った前述のV6 Trigger。
V8の延長パイプもヘッドも口金が異なるV6には使えません。
何とかならないか…パイプとヘッドさえあれば…できれば壁掛け用のマウントも…
ダイソンジャパンのページには何も書いてない、当然ですね。
そこで何となく検索をかけると続々ヒット。
なるほど、みんな似たことを考えると。

というわけで、並行輸入品を扱う業者より

延長パイプ
モーターヘッド
壁掛けマウント

の3種類を購入。
届いた箱は茶箱でシールに「(部品名) assy」とか書いてあるので保守部品でしょうね。
ヘッドについては、本当はFluffyと同じソフトローラーにしたかったのですが、モーターヘッドが2台買えてしまう価格差に負けて妥協しました。
かくして我が家のV6 TriggerはV6 Motorheadにアップグレード。

しかしここまで書いて思うのですが、なんでV8買う前にアップブレードしなかったのかと…最初からアップグレードしとけばわずかな追加投資ですんだのに。
結局メーカーの思うとおりに金を落としました、というオチがついて終了です。
ある日、子供が病気になりました。
まずは嫁さんに感染、そして程なく私にも感染、発病と一家全滅状態。
とても出社できる状態ではないので、上長に
「子供の病気をうつされたようなので会社を休む」と連絡したつもりが、
何か間違いがあったようで
「子供が病気になったようなので会社を休む」と伝わっていたようです。
おかけで出社時に微妙に話がかみ合わずに「?」と思うこと多数。
熱と吐き気で頭が回っていなかったとはいえ、
会社に直接関係のない子供の話題を出したのが間違いのもとだったようです。
誰も損はしていませんが、ちょっと反省です。
嫁が格安Simに切り替えて欲しいとしきりに言ってきます。
聞けば、「LINEが…」「iphoneが…」「コンデジもって歩くの面倒」
うーむ、いよいようちにも来たか、この流れが。

でも大手キャリアでスマホ契約すると高いからね…
まあ本来そのあたりの金額が妥当、なのでしょうが、
いわゆる「ガラケー」ユーザーなので高価に見えて仕方ありません。
複雑怪奇な料金体系も何とかして欲しいところ。
きめ細かく料金設定できると言いたいのでしょうが、果たして販売店で完全に理解している人が何人居るのやら…
手応えに関しては…明日解答速報を見るのがつらいレベル。
60点がボーダーラインなんだけど、たぶん無理だろうな…。
うまくいったらいったで上級の資格取るためにまた勉強。
勤め先的に2種は必須でしょうなあ。
プロフィール
HN:
西園 俊昭
HP:
性別:
非公開
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[07/03 お倉]
[03/21 かじー]
[02/02 らんちゃ]
[02/02 らんちゃ]
[10/20 お倉]
最新トラックバック
Twitter
ブロろ~ぐ
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

Copyright © [ 荒研ブログ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]