忍者ブログ
サイト名は変わりました。ブログ名はそのままです。URLは変えられませんから…

比類無き友人のテレビにまつわる話を実際に見てもらうとして、と。
11万は安いなあ。このあたりは彼の根性が偉大な勝利をおさめたというほか無いなあ。
いつもの事ながら凄い。

私の場合、現存の薄型テレビでどれがいいか聞かれた場合、
筋肉少女帯の歌に乗せて
「俺はいつでも~プラズマにこだわるぜ~」
とつい歌ってしまうようなスタンスなのですが…
心動かされるなあ。11万。特価品をうまく押さえただけとは思うが、
このところのプラズマと液晶の価格差が大変な事になりつつあるし。
フルHD対応のプラズマテレビの場合地方の平均価格で約40万。
さすがに手軽に買える金額じゃない。

どうしてここまで固執するか。
目の前にある液晶PCディスプレイの単色の微妙さもさることながら
プラズマの自然な発色、低めの輝度、(私の場合、テレビというより、映画再生やテレビゲーム用のモニターとしての用途が主だからね)
フルHDに対するこだわりというのもある。
Blue-RayやHDDVDは持っていないし、DVDでは全くお話にならない訳だが
ほれ、ゲーム機すら廃デフの時代だし。
おまけに松下のプラズマはフルHDパネルとそうでないパネルの場合、
横に並べてしまえばはっきり分かるぐらい露骨に画質が違う。
よって、プラズマがいい!という私は自ら茨の道をひた走る事に。
というか俺が買えるようになるになるまで、プラズマ方式のテレビが市場に存在しているかどうか不安で…

というかテレビどころの騒ぎじゃなかったりする。
いま現用のプリメインアンプはそろそろ10年目。
ボリューム8時以降でガリがでる。ヘッドフォン端子が接触不良気味、
リモコンがどっかいった。
…というわけで、どうしてもアンプなんだよな。去年の今頃から言っているけど。
プリメインでもいいけれど、というかプリメインがいいのだが、
最近はCDを聴くよりも映画を見る機会のほうが多いし、
増加の一途を辿る機器に対応できませんがな。
でも廉価版のAVアンプのショボさは年を追うごとに酷くなり、今日日10万円クラスではろくなモノが買えない。
サラウンド機能の高度化?違う。単にメーカーが材料費をケチってショボくなっただけだ。
それこそフルHDの液晶テレビが買えてしまうほど投資しないと…

どうして私の欲しいモノは高くてしかも主流からはずれた所にあるモノばっかりなのだ。
友人曰く「キワモノ好きこそ、お前らしい」とのこと…

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
西園 俊昭
HP:
性別:
非公開
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[07/17 SS品]
[07/03 お倉]
[03/21 かじー]
[02/02 らんちゃ]
[02/02 らんちゃ]
最新トラックバック
Twitter
ブロろ~ぐ
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

Copyright © [ 荒研ブログ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]