忍者ブログ
サイト名は変わりました。ブログ名はそのままです。URLは変えられませんから…

ちょっと気になって
ヤマハ製アンプ内蔵型スピーカーNX-A01を調べてみました。
このスピーカー、ちょっと前に家電量販店に何気なく陳列してあったのを
これまた何気なく見て
まあそのときは気にも留めなかったのですが。
公式webページの自信満々な煽り文句にすっかり毒されてしまい

ちょっと試聴してみたくなりました。

まあ、モノがモノだけにたいていの量販店で在庫があるだろうと思い、
早速近所の量販店へ。
予想通り実物が展示してあったので
店員に無理を言って聴かせてもらいました。

量販店なので周りがうるさかったこと
6980円のラジカセに、それもヘッドフォン端子に接続、
試聴は数分間のみ、ソースは店頭デモというコンディションのため
音質云々の辺りは話半分に聞いて頂けたら…と思います。

まず音質ですが、
中域以上は正直価格相応の音…といった感じでしょうか。
というか、パソコン用スピーカーのそれと余り変わらないような気がします。
サイズが極端に小さいので難しいとは思いますが、
1万円も取るのだから、もう少し何とかして欲しい所です。

低音に関しては…
メーカーの公式ページにある
「サイズを超えた豊かな低音」
フレーズ的には小型スピーカーとセットになっているといっても過言ではないほど
使い古された言い回しですが
サイズ的には結構頑張っています。
しかし、音量を上げていくと低音が完全にクリップしてしまい
クリップしない範囲だとかなり音が小さくなってしまいます。

まとめると
凄くありがちなパソコン用の小型スピーカーの下限を無理矢理広げた感じ。
低域をブーストしすぎているのでパワーが入らない…
まあ、これは送り出し機器が低域を過剰にブーストしているだけかもしれませんが、ね。

そして気になる定位なのですが。
メーカー推奨でもある真正面からのリスニング。
なんというか、モノラル音源を聞いているような感じです。
目をつぶって聞いても、やっぱり至近距離の固まりから音が出ている…という感じで
ステレオ感は皆無でした。
このスピーカー自体、音に広がりを持たせるような複雑な処理はしていないようです。

長々と書いてきましたが、
私個人としましては
「BGM目的で購入するのならいいが、モニター等真正面から向き合って聴く品物ではないな」
という結論に達しました。
まあ、なんというか、メーカーの謳い文句そのものな訳で。
一つでステレオ再生が出来るというのは今まであんまりなく、斬新な気もします。
ルックスもいいし、何より小さい。外見で気に入る人もきっといるでしょう。

ただ、
買いますか?といわれると、少し考え込んでしまう…そういった感じの製品でした。
残念。

ちなみに、横で聞いていた店員曰く
「全然大したことないですね。この値段でコレはない」とのこと。
いやあ辛口ですね。この人はモノを売る気があるのか。
そのあとパソコン用スピーカーのコーナーに連れて行かされて
「こっちの方は2980円ですからね。こちらの方がお勧めです。」と言われたのは蛇足ですよね。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
西園 俊昭
HP:
性別:
非公開
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[07/17 SS品]
[07/03 お倉]
[03/21 かじー]
[02/02 らんちゃ]
[02/02 らんちゃ]
最新トラックバック
Twitter
ブロろ~ぐ
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

Copyright © [ 荒研ブログ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]