忍者ブログ
サイト名は変わりました。ブログ名はそのままです。URLは変えられませんから…

久しぶりの映画。
現在話題の「アリスインワンダーランド」を見に行きました。
ストーリーについては…まあ、
原作についてはよく分からない上、「アリスインナイトメア」をプレイしていた身としては、何で猫がまんま猫なのかとか、帽子屋が良い子ちゃんぶり過ぎ且つ強すぎ(ハートのジャックより強くて良いのか?)で、お前そういうキャラじゃないだろう、とか疑問に思うことはあるものの。
二言目には「打ち首にしろ」と喚き散らす赤の女王は、さすがにゲームも映画もブレがないですね。それから、ハートのジャック。正直アレでは勿体ないような…せっかく腹黒そうな設定で出てきているのだから、もっと前面に出しても良かったような気が。

いや、そういう事を言いたいのではないのですよ。

3Dですよ、3D。

本来なぜこの映画を見に行ったのかと言うと。
近所の映画館がようやく3Dを導入してですね、それが見たかった訳なのですよ。

入り口でやたらと重い眼鏡を渡されました。電池内蔵だったり、光に応じて眼鏡のON/OFFが切り替わるなど、3Dの表示方式はnVIDIAと同じ方式だと思われます。
それにしても。眼鏡がないと何も見えない私に、さらにその上に眼鏡をかけろと申すか。
いや、かけないと映画が見られたモノではないので無理矢理かけましたが…
なにより3D眼鏡の据わりが悪い。眼鏡の上に引っかけるようにして着装。
映画の途中何度もかけなおす事になりましたが仕方ありません。
そして肝心の3D。
静止画は確かに3Dです。しっかりと飛び出して見えます。
…が。最初の数分は脳が拒絶反応を起こしたらしく、目と頭が痛い…
しばらく経つと慣れましたが、今度は違う事に気付かされました。
映画って、基本的には平たいスクリーンに投影されるので、目の焦点距離は単一。
だから、ぼーっと見ることができました。
しかし、3Dになると、奥行きが出るため、目自体が3D画面のどこかに焦点を合わせようとします。だから、常に焦点が変化してぼーっと見ることができない。
そして、動きの速いシーン。
眼鏡の性能が悪いのか、そう言う仕様なのか。
残像が大量に発生して、見えづらいことおびただしい。
まるで一昔前の液晶パネルでゲームをしているような錯覚を覚えます。

文句ばかり言っても仕方ありません。

映画は面白かった。
画面もきれいだった。
しかし…3Dに関しては、まだまだ研究の余地がある発展途上の分野だと思いました。
とりあえず、私からは
「眼鏡に頼る3D方式は一刻も早く廃れていって欲しい。裸眼で3Dに見える技術の登場が待たれる。」
といったところでしょうかね。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
西園 俊昭
HP:
性別:
非公開
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 11 12 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[07/03 お倉]
[03/21 かじー]
[02/02 らんちゃ]
[02/02 らんちゃ]
[10/20 お倉]
最新トラックバック
Twitter
ブロろ~ぐ
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

Copyright © [ 荒研ブログ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]