忍者ブログ
サイト名は変わりました。ブログ名はそのままです。URLは変えられませんから…

午前中、電話がありまして。
「STAXのヘッドフォンが届きましたよ」とのこと。
午後、早速ショップに向かい、

P1010304.jpg

…衝動買いしたわけじゃない。
単にデモ機を借りただけです。

個人的には、店で試聴してそれっきり、というパターンと思っていたのですが、
「自宅で聴かれた方がわかりやすくていいですよ」
と言われたので、2つ返事で持ち帰ったというわけです。

このデモ機、月曜までに返却しないといけないそうなので、
ベイヤーとの比較試聴は残念ながら叶いませんでしたが、
自宅で聞けたのは非常に大きいモノがありました。

というわけで。
触ってみた「感想」をつらつらと書いていこうかと思います。

接続
メーカーはライン接続を推奨していて、ドライバーであるSRM-006tの取説もライン接続を前提に記述してあります。
が、私のシステムはもう空きがない…
仕方無いのでプリアウト端子に接続しました。
プリアウト端子には、接続して良いともダメとも書いてないので正直微妙でしたが、
とりあえず音を出すことには成功、特に問題はない様子です。
ただ、プリメインアンプ側のボリュームを大きくしすぎると、音を割ってしまうので、そこだけは注意したいところです。
ここでは、ドライバー側のボリュームを“9”(要は4時)の位置に固定、アンプ側で音量を調整します。

外観
ドライバーが思ったよりも大きくて重い…
そして、動作中はかなり熱を持ちます。
どのくらい熱くなるかというと、火傷をするほどではないが、素手で触るのがはばかられるぐらい。
ヘッドフォン自体もちょっと安っぽいかな。
片手で着脱したり、落としたらハンガーを割ってしまいそう。
きしめんの様なぶっといケーブルもマイナス面。

音質
すげー。
ちょっと低音過剰かな、とも思いましたが、
ATH-W100が低音不足気味だったので、これが正しい姿かと。
柔らかい高域(ハイ落ちという意味ではない)と
自然なボーカル帯域。
音量を上げてもうるささを全く感じさせません。
あらゆる面でATH-W100を凌駕しています。欲しくなりました。
ただ、テクノやロックではちょっと物足りない。
あと、このヘッドフォンでは

モニターできません

こんなシステムでモニターした日にはSTAXでしかうまく鳴らないCDの出来上がりです。
思うにこのシステムは「如何に微細な音を拾うか」というよりは「如何に音楽で感動するか」ということに重きを置いているのでしょう。

その他諸々のこと
ヘッドフォン本体にいくつか取り扱いの注意が。
曰く、「風呂上がりの状態で使用するな」「保存時は乾燥した場所へ」等々。
オープンエア方式のうえ、吸音材がほとんど無い構造なので、音漏れはATH-W100よりも大きいと感じました。
自分の周りに人がいて、その人たちに聞こえては困る、というシチュエーションには向いていません。
とはいえ、スピーカーよりも遙かに小さい音ですので、深夜使えない、というわけでもありません。

総括
場所は取るし、接続は難儀する。ルックスはイマイチで華奢。
それでも音質は一級品。導入するに値する製品だと確信しました。
…ただ、これを使うのなら、もう一台ダイナミック型のヘッドフォンが欲しいなぁ。
いや、別にこれと音の傾向が正反対じゃなくてもいいんだけど…
月曜日はきっと遅くなるだろうから、日曜日に返しに行こうかね。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
西園 俊昭
HP:
性別:
非公開
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[07/17 SS品]
[07/03 お倉]
[03/21 かじー]
[02/02 らんちゃ]
[02/02 らんちゃ]
最新トラックバック
Twitter
ブロろ~ぐ
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

Copyright © [ 荒研ブログ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]