忍者ブログ
サイト名は変わりました。ブログ名はそのままです。URLは変えられませんから…
先週ですかねえ。
近所のオーディオショップから
「18,19日B&Wフェア開催、主要モデル試聴可能!」
というDMを受け取りまして。

PM1でも適当に聴きに行くか、と、18日に軽い気持ちでショップに向かいました。

ところが、ショップにはメーカーのヘルパーまで。
曰く、「よろしければ、CM1との比較試聴も致しますよ」
なんか話が大きくなってきましたが、せっかくなのでお願いしてみました。
ショップの試聴室。広くて高価な機器。まさかこんなところで試聴出来るとはね。

色々聴かせていただいた所…
PM1はCM1よりも良いのはまあ当然として、
まず、ボーカル。
中央にカチッと定位するPM1と比較すると、CM1は「なんかその辺にぼやーっと存在する」というような…。あと締まりが無い。散漫といえばいいのかな。
もちろんボーカルが、と言う話では無く、その辺りの帯域が全てそんな感じ。だから曲によっては前奏ではっきりとした差を感じ取ることが出来ました。

そして、低域。
ヘルパーの人曰く「量は両者あまり変わりません」とのことですが
CM1の方が量が多めと言った印象です。まあ、多いだけなのですが。
何処で聴いてもそう。ぼわーんと膨らんでそこから下が無い。
「下が無い」のは小型スピーカーの限界なので気になりまりませんが、この「ぼわーん」が自宅では結構厄介でした。今でも解決していませんが。
PM1はその「ぼわーん」といっただらしのない膨らませかたをしていない印象なので、よく言えば締まって、悪く言えば量感不足気味。
ちなみに、私の部屋に持ち込むとなれば、PM1の方が制御しやすそうです。

小ネタとして…
ネットはCM1、PM1共に外した方が良いそうです。他所のメーカーではネット込みで音決めしてあるところがあるので質問したのですが、B&Wの場合、ただのプロテクターだそうです…
PM1は記念モデルなので、すぐに生産終了するのではと言う危惧がありましたが、こればっかりは情報がないのでヘルパーも分からないとのこと。
ヘルパーの人は805を所持しているそうですが、PM1の厚い中域に魅力を感じ、購入を検討していたとのこと。
曰く「高域と低域は805に方がはるかに上ですが…PM1の中域は805をも上回ると感じています」
うん、リップサービスが過ぎると思うんだ。そんなはず無いでしょう…常識的に考えて…。
CM1のホワイトモデルはマット仕上げです。ええ、今までホワイト仕上げのCM1を見たことが無かったモノで…ピアノフィニッシュをイメージしていたのですが、まあこれはこれで。
カタログを見れば分かりますが、CM1と殆ど同サイズです。場合によってはCM5に置き換えるより楽。まあ何が言いたいのかというと、非常に俺得であると。

試聴を終えて…
なんというか、それなりの格差を感じさせるモノは確かにありました。
とりあえず、前回の日記で書いた「目標を見失った」というのはこれで解決したような気がします。何が「オーディオいじりからしばらく距離を置いて」だ。私の頭の悪さに驚きです。
ただ、ネックは価格ですねぇ…PM1の定価はペア32万円。ちょっと高いな。
あとあのルックス。冷静に見るとあんまり格好良くない。なまじCM1の見た目が良いので、なおさらBUSAIKUに。案外慣れるものとはいえ、さて…

まあ、これで当面の目標が出来ました。これでまた生きてゆける…
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
西園 俊昭
HP:
性別:
非公開
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 11 12 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[07/03 お倉]
[03/21 かじー]
[02/02 らんちゃ]
[02/02 らんちゃ]
[10/20 お倉]
最新トラックバック
Twitter
ブロろ~ぐ
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

Copyright © [ 荒研ブログ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]