忍者ブログ
サイト名は変わりました。ブログ名はそのままです。URLは変えられませんから…
愛用のタブレット、Nexus7(2012)がまたも起動しなくなり、結局買い換えることに。
さて、何にしようかな。
Nexus7の2013年モデルでは代わり映えしないし、memopadも結構高い。
中華パッドは…あれはいじくり回すこと自体が目的なので…
国内メーカーのタブレットはどうだと、Xpediaのサイトに飛べば、音質へのこだわりばかりが延々と書いてあってこれじゃ無い感満載。

しばらく悩んだあげくに、決断したモデルは

iPad mini2

高い高いと常日頃から言い続けていたAppleの製品を買うとは。
型落ちモデルながらも基本性能は現行モデルとほぼ同じで、数点の機能を我慢すればずいぶんお安く、具体的にはXpediaやATOK内蔵のmemopadと似たような価格で手に入るということが決め手になりました。
もっとよく調べればより安くて良いモデルがあるのかも知れませんが、今回はお試しということで。

で、25日出荷で、届いたのが今日。
前回の日記で話題にした品物は、これでした。
上海から発送となっていたので、まあ、妥当な納期ですかね…
今となっては手垢のついたモデルなので、レビューなんかしませんよ?

うん、つぎはWindowsタブレットかな。
PR
最近、ドライヤーの調子が悪くなりました。
嫁サンが旅行用に買ったというドライヤーを引っ張り出してきて使っていましたが、
この度、新品を購入することに。

近所の某家電量販店に。
松下、東芝、シャープ。さて、どれにしようかな。
どれも1万円以上と結構良いお値段。

そんな中「職業 風」とある、何のことかよく分からないPOPを背負っているドライヤーが目にとまりました。

小泉のドライヤー、通称「MONSTER]

KCD-W701/R
http://www.koizumiseiki.jp/beauty/monster/item/kcd-w701.html

「大風量で速く乾けばいいんだ!」と言う割り切りがとても良いですね。
訳の分からないギミックで付加価値をつけるのでは無く、基本性能で真っ向勝負。
これこそが私の求めていたモノ。お値段も9,000円弱と比較的お手頃。
白と赤がありましたが、赤を買って帰りましたよ。

…まあ、重いし、デジタルスイッチに手が当たって暴発したりして、ちょっと使い勝手がアレなのが残念な所です。そこは格好つけずに、スタンダードな切り替えスイッチでよかったのに…
休日だったので、嫁サンと某所に行ってきました。
「キーボードが欲しい」とか言っちゃって、結局いつもの店。すまんね。

FILCOのメカニカルキーボードあたりでいいやと思っていましたが、
1万2千円と予想を超えたお値段。1万円でお釣りが来る予定だったのにっ。
自分の情報収集能力のなさを呪いながら、もう6千円出してRealforceを買うべきか悩むこと数十分。結局買ったのはマウスパッドと帽子。

帽子?

まあ、良いでしょう。
そんなことより。

何故か冷蔵庫を買い換えることになって、某所を後にすることに。
340リットルの3ドアが620リットルの6ドアに化ける予定。尚、消費電力は約半分。
買うのは地元の家電量販店ですが、どうしてこうなった。
そりゃあモデル末期で在庫処分のバーゲンセール状態でしたが、どうしてこうなった。
3月に記事にしたシェーバーは3月30日に買い換えました。
物欲に負けた? いえいえ。駆け込み需要という奴ですよ。

それは置いといて。

天井灯買いました。
LEDタイプが有ったら良いけど、高いのは嫌だから、今回も蛍光灯かな、と思っていたところ…
既に時代はLED照明へと変貌していたようです。1万円以下でよりどりみどり(6畳)。

松下は高いので、今回は東芝。

事の起こりは、4月上旬。

寝室の天井灯がおかしい…
つけていると、勝手に消える。
しばらくしてスイッチを操作すると、復旧する。
ああこれは球切れの前兆だなと、深く考えずに家電量販店に行き、蛍光管と点灯管を購入。
風化して持つところが無くなった点灯管を頑張って取り外し、妙にスカスカなコネクタを蛍光管に取り付け、再度点灯。
あれ?
点灯しない?それどころか、電源コネクタから煙が…
よく見ると、コネクタのロックは折れて無くなっており、しかもスカスカ。
せっかく蛍光管を買ったのに、灯具自体がダメになっていたとは。下手こいたあ。
とりあえず別室の灯具を移設してその日はごまかしましたが、いつまでもそのまま、というわけにもかず、今回改めて寝室用の灯具を買い、別室に灯具を戻した次第。

それにしても、同じ壊れるのならば、消費税がアップする前であって欲しかった…
カメラの話。
相方に、「誕生日プレゼントならカメラが欲しい」と言われました。
コンデジをプレゼントする予定。ミラーレスは案外大きいのでバッグに入りませんからね。
そんなにレンズが交換したいのならD90使って下さい。

さて、どれにしましょうか。

私が持っているP310を指して、
「これ、きれいに写るからこれが良い」とのこと。

言われたからといってP330にするのも芸が無い。
SONYのRX100IIは高すぎて論外。RX100もやっぱり高い。
松下のLX7も良さそうですが、FX33のころの電池食いが頭から離れず、そもそもレンズキャップが必要という点で、相方が使うには煩雑すぎてノーサンキュー。
カシオは…相方曰く「良くない思い出しか無いから要らない」
個人的には、富士フイルムのXF-1やXQ-1あたりが良いかな、とおもっていました。
ああ、CanonのPowerShotS120も良いよね。

なんてことを考えながら。
某カメラ店に偵察に行くと、P330が18,800円。おお、価格.comの最安値より安い。
(註:2013年12月7日現在、白モデル。)

…ええ、結局、こうなりました。



P310のパンダ柄に見慣れると、P330の全身真っ白というのは違和感ありますね。

正直、何でこんなに短期間で値崩れするのかよく分かりません。
P310を使っている側から言わせてもらうと、そんなに性能が悪いとも思えませんが。

値崩れすれば安く買えるわけですから、私たちは歓迎しますが、不健全ですよね。
「どうせ安くなるんでしょ?」とか言われて、せっかくの新製品が売れなくなる予感。
値崩れが前提の原価では思い切った品物も作れなくなって、そのうち倒産か撤退です。

話が逸れました。

これで相方にもまともな性能のコンデジがやってきたというわけです。
D90を持ち込めない所で、P330が活躍してくれるでしょう。
喜んでくれて、何よりです。
サブPCの具合が悪く、音が出ないと言っては何度もサウンドドライバを入れ替え。POST画面でSSDを認識しないと言ってはケーブルを変えてみたり。埒があきません。
新調しようと思ってからずいぶん経ち、ようやく購入のめどがつきました。
予算の許す限りハイエンドなパーツで武装するのもまた一つの楽しみですが、
そこはサブPC。ある程度予算に制限を設けた方が楽しいというものです。

そんなわけで
買ってきました。



CPU : AMD A10-5800K
M/B : ASUS F2A85-V PRO
Memory : CFD W3U1600HQ-8GC11 x2枚
SSD : CFD 東芝 HG5d 128GB

かねてからあたためていたプラン、A10をベースとした組み合わせです。
電源を買ってきていませんが、そんなに負荷のかかる使い方はしていないので、まあ大丈夫でしょう。
ビデオカードが存在しないマシンは何年ぶりに組むかな。
今から楽しみです。

え? Haswell?

割 と ど う で も 良 い 。
某日。記憶は確かでは無いのですが…
どういうわけか、カメラ屋に行っていた、ということだけは、覚えております。
そこで何を話し、何があったのか。全く記憶に無く…

カメラ屋から出てきた私の所持品は、すっかり軽くなった財布と、得体の知れない箱。

20130129_01.jpg

…すいません、嘘ついていました。

事の発端は、PENTAXユーザーの友人が、単焦点を愛用していることに始まります。
Picasaにアップされる写真は異様に解像した写真ばっかり。これは凄い。

単焦点レンズを使えばいい写真…いや、ズームレンズとは違う写真が撮れるのかな?
何でも「標準」は50mmレンズらしいじゃ無いですか。ということは、35mmあたりのレンズを買えばいいわけですね。

さて、どのレンズにするか。

ニコン純正のDXフォーマット用の35mm F1.8を買うのが無難と思っていましたが、次第に、「それじゃ芸が無いよね」とか意味不明なことを思うようになりました。しかしFXフォーマットの35mm F1.4は余りに高価で手が出ない。
そこにちょうど良く現れたのが、シグマの35mm単焦点。
私にとっては決して安い品物ではありませんでしたが、思い切って買ってみたわけです。

というわけで、早速カメラに装着してみました。

20130129_02.jpg

大きなレンズです。重いし。
PENTAXみたいに、軽いレンズで飄々と写真を…というわけにはいきませんね。
しかし、高倍率ズームレンズすらまともに使いこなせない私。
望遠レンズや魚眼レンズのように、まともに使いこなせず、逆に機材に振り回される様が目に浮かびます。
ま、せっかく買ったものですから、難しく考えずに楽しく使っていこうと思っております。

というわけで、次の休みにどこかに行かなければ。
3が日も最終日、某リサイクルショップを何となく覗いてきました。
家電、パソコン、ジャンクに至るまで私的にはなんの魅力も感じない平凡な品揃えの中、
カラーボックスに適当に置いてあるカセットテープを発見。

買おうかどうか一分ほど悩んで、結局買ってきました。

20130103_01.jpg


包装を痛める可能性が大きいので、値札は剥がさない方向で。

奥の2本はスリムケースだし、さして古いものではありませんが、
手前3本はおそらく80年代のテープではないかと思われます。
未開封とはいえ、テープとしての性能も大したことないし、ソニーのUX-MaterやMetal-Masterのような投機的価値があるわけでもない。

しかし、妙に私の心に残るわけなのですよね。
今後はリサイクルショップやジャンク屋で、こういう古いカセットテープを見かけた場合、積極的に「保護」する方向でいこうと思います。

…ああ、またガラクタを買ってくるなと怒られるな…
炊飯器が壊れてしまいました。
修理しても良さそうですが、聞くところによると、2000年くらいから使っているという事で、部品も無いでしょうし、そもそも明日のご飯に困っていまいます。

と言うわけで。
近所の家電量販店へ新しい炊飯器を買いに行きました。
とりあえず、毎日使用するモノですし、あまり安物は買いたくない。
かといって、各社のフラッグシップ機は余りに高価で手が出ない。
以上の事を鑑み、予算数万円の、いわゆるアッパーミドルな辺りを狙います。
なにぶん急な話なので、下調べは皆無ですが、ココは炊飯器市場。
毎日使い、機械に弱い人が使用する事が前提。どれをとっても堅牢で、使いやすい。
トップエンドからローエンドまで地雷だらけの自作PCパーツ市場とは根本的に世界が違います。何とかなるでしょう。

日立は飽きた、象印は高いから辞めとけと聞く。
妙に陳列している種類が多い松下の炊飯器が良いなと思いましたが…
この炊飯器、別途水が必要なのです。
何でも、100℃以上に加熱した蒸気を吹き付けて美味しく炊きあげる技術とか何とか。
美味しく炊きあげる技術は大いに結構なのですが、手間が増えるのはいただけません。

隣を見ると、東芝の炊飯器。
東芝の炊飯器とはどうよ、という思いもありましたが、セール中というPOPが張り出され、値引き率も比較的大きい様です。
RC-10VXE8という型式で、コレを買いました。
ネット最安値は見ない方向で。
ま、「今すぐ必要なんだ!」という声に応える事が出来る実店舗、応える事が出来ない通販。
画一的に価格で比較する事に意味は無いですね。

明日の朝から早速実戦投入です。
…初めて食べるのが弁当のご飯なので、違いが分かるかどうか…
愛用のポータブルCD/mp3プレーヤー。
購入してから10年以上。大切に使ってきたつもりですが、リモコン操作が非常に怪しくなって来ました。動かない、とかそういう症状では無く…

一時停止を押すとリピートがかかる
停止ボタンで停止しない
音量は大きく出来るが小さく出来ない。小さくする操作をしても構わず大きくなる

と、割と無視できない異常動作。
通勤は車、部屋に帰ればステレオがある。
とまあ、殆ど出番は無いのですが…
出張とか旅行とか。新幹線に乗るような用事では絶対に必要なので完全に無いのも困ります。

で、悩みに悩んで



A860シリーズ購入。もちろん64GBモデルです。
リムーバブルメディアスロットも無い、充電電池の交換も出来ない。
ロートルな私には不安でいっぱいな仕様ですが、この辺は時代の流れなのでしょうかね?

ああ、そういえば、この手のプレーヤーの先駆けといえる某社のアレがこんな仕様だったな。悪い前例を作りやがって…
ちなみに某社の「アレ」。音楽以外にも発展性がある、なんて言われてもな。
デジタル出力可能でデジタルで受けられるポータブルアンプを接続すれば音質上でも
アレ>>>>>Walkman
なんて言われてもな。
せっかくメーカーが頑張って小型化した、その長所をスポイルしてしまうようで…
そして決定的だったのが、曲の転送に専用アプリが必須と言う点。
そもそもあんまり好きじゃ無いしね。某社。ただ160GBモデルは個人的に高く評価しています。…ただ、MP3フォーマットで160GBみっしり詰め込んだ場合、一巡できずにバッテリーが上がってしまうのは、ええ、見なかったことに。

話が逸れましたね…
専用アプリをインストールするのは面倒臭いので、エクスプローラーからコピー。どんどんコピー。そのうちどのファイルをコピーしたか否かが分からなくなりそうですが…

音質に関しては、付属のイヤホンは使わずに、UEのTriple Fi10proを使います。まあ、こんなもんでしょうかね。酷くも無ければ良くも無い。
そりゃあアナログカセットのWalkmanに比べれば雲泥の差ですが、今まで愛用していたCD/mp3プレーヤーに対して明確な差があるとは思えません。
とりあえず、新幹線とか、航空機とか、そういう場所で聴くツールとしては充分なクオリティかなと思います。

うん、ファイルをコピーするだけなのはCDに焼き付けるよりも楽で良いですね。
おまけに小さい。いちいちCDを入れ替えなくても済む。
ポータブルオーディオとしてみた場合、正当な進化を遂げていることに疑いの余地はありません。
ただ、旅先でCDを買った場合はどうするか…まずあり得ないシチュエーションですが、皆無でも無さそうなのでどうしたモノか。
さあ、このモデルは果たして10年持つのか否か。

余談ですが、Triple Fi10pro、2012年3月現在では値崩れして3万円でおつりが来るようです。4万円で買った私としては、この値段は絶対お得と思うのですが、どうでしょうかね。
プロフィール
HN:
西園 俊昭
性別:
非公開
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[12/19 カワセミ]
[07/03 お倉]
[03/21 かじー]
[02/02 らんちゃ]
[02/02 らんちゃ]
最新記事
最新トラックバック
Twitter
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

Copyright © [ 荒研ブログ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]